2024年スタート!



新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


2024年のスタートはGIORGIO ARMANI(ジョルジオアルマーニ)とYUICHI TOYAMA.(ユウイチトヤマ)のコラボレーションモデルのご紹介から。


世界的なビッグブランドと日本のアイウェアブランドがタッグを組むという驚きのコラボレーション!

プロジェクトのお話を初めて伺った時は非常に衝撃を受けました。


1975年創業から一貫して、素材の良さ、シルエットの良さ、着心地の良さを追求し、トレンドに流されない上質で洗練されたイタリアンスタイルを提案するGIORGIO ARMANI。

過度な装飾を行わないモダンで洗練されたデザイン、落ち着いたダークトーンで統一されたミニマルシックなコレクションが特徴です。


創業デザイナーであるジョルジオ・アルマーニは「モード界の帝王」とも呼ばれ、89歳の現在も現役でモード界を牽引するレジェンド。

スーツ・ジャケットの肩パッドや芯地など構築的なディティールを省き、柔らかく軽くしなやかに、着る人の肉体そのものの美しさやセクシーさを表現する“アンコンジャケット”の考案はそれまでのスーツの常識を打ち破り、のちのファッションに大きな影響を与えました。


アイウェアに関しても革新的なデザインを数々生み出していて、YUICHI TOYAMA.デザイナーの外山さん自身も「80年代後半にジョルジオ・アルマーニのアイウェアコレクションと出会ったことがきっかけの一つで私はアイウェアデザイナーになりました。」と述べられています。


外山さんのアイウェアは、シルエットの美しさと軽くてしなやかなかけ心地が魅力。

素材の質感やパーツ一つ一つにもこだわりが詰まっていて、かけた時はもちろん外して置いた時の佇まいの美しさにはうっとりします。

メガネ自体の存在の強さがドン!と前に出るのではなくて、遠目からはわからないけど近くに寄った時に素敵だなと思えるもの、さりげなくその人の個性を引き出すデザインや日常的に使いやすい作りを心がけている、とお話しされていたのが印象に残っています。


そんな外山さんの作るアイウェアと、ジョルジオ・アルマーニのデザインアプローチには重なる部分があるなと感じました。

今回、約30年の時を経ての出会いは運命的なものなのかもしれませんね。







コラボレーションモデル4型はすべてジョルジオ・アルマーニの過去のアーカイブモデルがデザインのモチーフになっています(写真手前がアーカイブモデル、奥がコラボレーションモデル)。

過去のモデルとは思えないモダンで端正なデザイン。

そこに日本の最新技術イノベーションと外山さんの革新的なデザインが融合することで、優雅なフォルムと機能性を兼ね備えたアイウェアが誕生しました。


当店ではサングラスモデルを2型オーダー。


色合いの美しいカラーモデル、Black on Blackのコンセプチュアルなマットブラック。色を厳選してセレクトしました。






GIORGIO ARMANI × YUICHI TOYAMA.
AR 6147T
¥103,400(in tax)

βチタンとアセテートを使用したラウンド型サングラス。
前から見たフレームのボリュームからは想像できないほど非常に軽いかけ心地で驚きます。




特徴的なのはアセテートのフロントに組み込まれたチタニウム構造。
ブリッジ部分には、YUICHI TOYAMA.の代名詞である縄跳び競技から着想を得た二重のブリッジ”ダブルダッチ”デザインが採用されています。


ぷっくりと丸みを帯びたノーズパッドは、YUICHI TOYAMA.オリジナルパーツ"スプーンパッド"。
見た目にも美しく安定感のあるかけ心地が魅力です。




ヒンジにはさりげなく両ブランドのマークの刻印。








GIORGIO ARMANI × YUICHI TOYAMA.
AR 6148T
¥103,400(in tax)

βチタンとアセテートを組み合わせたボストン型のサングラス。
異素材のコンビネーションは80年代のGIORGIO ARMANIのアイウェアに見られる“フードデザイン”を再現しつつ、現代のミニマルなルックが見事に表現されています。
目尻がほんのりつり上がったように見えるディティールがアクセント。知的でシャープな目元を演出します。



極薄のチタン製ブリッジ。こちらにも“ダブルダッチ”デザインが採用されています。


ノーズパッドには“スプーンパッド”。






こちらも両ブランドの刻印入りのスペシャル仕様です。






ミニマルなデザインの中にさりげないディテールが光る、エレガントでタイムレスなアイウェアコレクション。

是非実際に手に取ってご体感ください。